オーガニックでわきがを治す方法~手術以外のわきが対策

実は危険なわきが対策グッズに注意しよう!

わきがに悩む人が手術以外でまず考える手段・・それは、わきがの人専用のわきが対策消臭クリームやデオドラントを買うことではないでしょうか? ネットで「わきが デオドラント」などと検索すると、色々なわきが対策クリームやデオドラントがヒットします。それらの商品を紹介するサイトやブログもたくさんあります。

そうした情報を見て、まず買うときに基準にするのが「わきがの臭いがちゃんと消えるか?(消臭効果)」と「朝塗って1日中臭いが消えるか?(消臭持続性)」だと思います。というか、それ以外のポイントでわきが対策グッズを評価しているサイトやブログはほとんどありません。

ところが、わきが対策クリームやデオドラントは、販売会社が「無添加」「敏感肌でも使える」「子どもでも使える」という宣伝文句で販売されていたとしても、ラベルに表示されている全成分をしっかり分析すると、さまざまな肌に悪いといわれている危険性・毒性のある成分が含まれていることが多いです。・・・というか、ほぼすべての製品でこうした成分が使われています。

当サイトは、日本オーガニックコスメ協会認定のオーガニックコスメアドバイザー(2014年取得)である管理人が、全成分のチェックまで行っていますが、人気のあるわきが対策クリームやデオドラントは、そのほとんどが毛穴を詰まらせるといわれているシリコンを含んでいること、また、アルミニウム銀イオンなどの有害な消臭効果があるといわれている制汗剤に良く含まれる成分を含んでいるものもあることを発見しました。

脇の下や陰部(デリケートゾーン)は、皮膚の中でも経皮吸収率が高い敏感で繊細な部位です。これらの部位に、継続的に有害な物質をふくむわきが対策クリームやデオドラントを塗り続けることはおすすめできません。

なぜ、シリコンがだめなのか?については、以下の記事で解説しています。

また、市販の制汗剤で多用されているアルミニウムや銀イオンも、昨今がんの原因になるのではないか?と懸念されている物質です。詳しくは以下の記事で解説しています。

日本人は10%くらいしかわきが体質の人はいないといわれています。一方で、欧米人は80%がわきが体質だと言われており、黒人に関してはほぼ100%がわきが体質だといわれています。欧米では、シリコン、アルミニウム、銀イオンなどの消臭成分を使った制汗剤・デオドラントも販売されていますが、これらの成分が乳がんなどの原因になっているという研究も出ているのです。

幸い、軽度レベルのわきがの人・体臭の人に使えるデオドラントの中には、シリコン・アルミニウム・銀イオンなどを使わないオーガニック系のものも売り出されていますが、
中度~重度のわきがレベルの人に対応できるわきが対策クリームで日本で売られているものには、まれにアルミニウム、ほぼすべてにシリコンが配合されています。

シリコンもアルミニウムも入っていない、合成成分を極力避け、天然成分が99%近くという安心して使える本当の無添加処方のわきが対策クリームは、私が探した限りでは株式会社多磨の「海露」しかありませんでした。「海露」は、販売年数7年、販売累計15万本のロングセラー商品です。

>>>シリコン・アルミニウムの入っていないわきが対策クリーム「海露」の口コミ・レビュー

いくら臭いが消えても、継続して塗り続けていると肌荒れしてしまったり、癌になってしまうような成分のものは避けることが大切です。

また、わきが臭は、実際には体からではなく、衣類に移ったわきが物質から臭いが出ているとも言われています。脇の下に一生懸命クリームを塗るだけではなく、衣類のケアをすることも同じくらい大切です。

>>>衣類に移ったわきが臭を消してくれる衣類消臭スプレーランキング

皮膚につけるクリームやデオドラントは、肌荒れや病気の原因になるおそれのある危険物質を避けましょう。

Return Top