オーガニックでわきがを治す方法~手術以外のわきが対策

食べる以外でお酢を使ってわきが・体臭を予防する方法

お酢を飲んだり食事に取り入れると、クエン酸が臭いの元となるアンモニアの発生にかかわる乳酸を分解してくれるのdえわきが・体臭対策になりますが、食べる以外でもお酢を使うと効果的にわきが・体臭を予防することができます。

お酢わきが

お酢が苦手な人や、食べるのに飽きてしまった人は、ぜひ「食べる以外」の方法も試してみてください。

お酢をお風呂にいれることでわきが・体臭を予防する

実は、お酢をお風呂に入れることでわきが・体臭を予防することができます。

もともとお酢には強い殺菌力があります。たとえばお寿司の酢飯や、マヨネーズなどに使われていたり、マリネなどの保存食に使われているのも、この殺菌力ゆえなのです。

この酢の殺菌力を発揮させるためには、お風呂の水に酢をコップ1杯ほど入れる「酢入浴」が、とても効果的です。

使う酢は、醸造酢が黒酢がおすすめです。醸造酢なら、180ミリリットルのお湯に対してコップ1杯、黒酢ならおちょこ1杯で十分です。

湯船につかっている間は、酢のニオイが気になるかもしれませんが、シャワーで洗い流せばニオイは残りません。

効果を感じるためにはだいたい1週間位必要ですが、徐々に不快なニオイがしなくなっていくそうです。

お酢の殺菌力は、酢の主成分である酢酸によるものです。飲んでも大丈夫な食品ですので、安心して続けられます。

お酢を使って脇の下に湿布をする

 
「酢湿布」と呼ばれる方法があり、これを使って直接脇の下をパックすることでわきが・体臭を防ぐことができます。

使用するお酢はりんご酢がおすすめです。

酢湿布液の作り方

以下のものを用意します。

  • リンゴ酢500ml
  • レモン1個
  • 焼きミョウバン60g
  • 塩ひとつまみ
  • ふたつきの瓶
  • ガーゼまたはハンカチなどの布

1.りんご酢に、レモンの絞り汁、市販の焼きミョウバン、塩を加える。

2.材料をすべてビンに入れたら、フタをして軽く振る。

3.ミョウバンが沈むまで半日ほどそのまま置いておく。

酢湿布の使い方

1.ガーゼやハンカチなどに、酢湿布液をじゅうぶんにしみこませる。

2.ワキにはさんで5分間ほど当てておく。

りんご酢を使った酢湿布は、夜の入浴後に使うのがベストです。ガーゼを取ったあとワキの下が乾いたら、そのまま寝て、翌朝シャワーで流します。夜寝ている間に脇の下を除菌・消臭してくれます。

この酢湿布液は、冷蔵庫で保存すれば1~2カ月保存できますので、夏のはじめに多めに作って、ストックしておくのがおすすめです。

*
*
* (公開されません)

Return Top