オーガニックでわきがを治す方法~手術以外のわきが対策

レモンを使った効果的なわきが・体臭予防法

レモンは数多くの制汗剤やデオドラントにも配合されているように、わきが・体臭を消してくれる消臭効果の強い植物です。レモンは、含まれているビタミンCに強力な殺菌効果があり、柑橘系の香り自体も消臭効果を持っています。そのため、外用で使用することでも大きなわきが体臭予防効果を発揮します。

レモンわきが
 
この記事では、レモンを使った効果的なわきが・体臭予防法をお伝えします。

レモンは手作りのわきが対策スプレーなどに入れて効果をUP&酸化を防止してくれる

 
レモンは、含まれているビタミンCそのものに殺菌・滅菌効果があるので、外用した場合皮膚の上でわきがや体臭の原因になる雑菌や脂肪成分を分解し、結果として臭いを消してくれます。さらに、柑橘系の香りそのものにも消臭効果があります。

レモンは食品ですが、レモン汁やレモンジュースを飲むこともいいですが、手作りのわきが・体臭防止スプレーなどに入れて外用することでより強い効果を発揮してくれます。

レモンとミョウバンを使ったおすすめの手作りデオドラントスプレーのレシピ

 
ミョウバンはそれ単体でもわきが対策の効果があり、薄めてスプレーボトルに入れておいて脇にスプレーしても使えます。ただし、ミョウバンだけで作ると成分が安定せず効果が長続きしないので、レモンを加えることで効果が長持ちします。

<用意するもの>

  • ミョウバン 30g
  • 水(精製水がおすすめ)1L
  • レモンのしぼり汁 少々
  • スプレーボトル

 
<作り方>

水の中にミョウバンを入れて溶かす。そこに、レモンのしぼり汁を入れて完成。スプレーボトルに入れて冷蔵庫で保管。
※ミョウバンがよく溶けないときは、水に入れて1日位放置しておくときれいに溶けます。

<使い方>
 
清潔にした脇の下にスプレーして使う。朝出かける前や入浴後など。

ミョウバンスプレーは1か月くらい持ちますが、できれば1~2週間おきに作り変えるといいでしょう。

レモンとりんごで作るおすすめの手作りデオドラントスプレーのレシピ

 
わきがの原因となるたんぱく質アポタンパクを分解することができるりんごと組み合わせて作るレモンスプレーもおすすめです。少し工程が多くなり複雑になりますが、確実に消臭できます。

<用意するもの>

  • レモン1個
  • ミョウバン小さじ1杯
  • すりおろしたりんご1個
  • スプレー容器
  • ガーゼまたはふきん1枚
  • ボウル

 
<作り方>

レモン1個分の汁を絞ってボウルに入れる。そこに、すりおろしたりんご1個分をガーゼで絞ってりんご汁を入れる。ぼるの中にミョウバンを入れてかき混ぜる。完成したスプレーをスプレー容器に入れて冷蔵庫で保管。

<使い方>

清潔にした脇の下にスプレーして使います。朝出かける前や入浴後など。もしスプレーした後の匂いが気になるようでしたら、10分くらい放置してからシャワーで洗い流してください。

1~2週間おきに作り変えるといいでしょう。

手作りするのがめんどくさい人は、オーガニック・無添加のわきが対策クリームやデオドラントでレモン・柑橘系が入っているものを選ぼう

 
手作りスプレーは自宅にあるものを使って安価に作れるのでおすすめですが、成分が安定しなかったり、数週間しか使えないなど制約もあります。

時間がない方や市販のものを買いたい人は、当サイトのわきが対策クリーム・デオドラントランキングで肌に優しくナチュラルな成分を使用しているわきが対策クリーム・デオドラントを紹介していますので参考にしてみてください。

>>>わきが対策クリーム・デオドラントランキング

*
*
* (公開されません)

Return Top